バイアグラと他のED治療薬との比較

バイアグラの成分はファイザー製薬のバイアグラと同じシルデナフィルです。 ED治療薬にはレビトラの成分であるバルデナフィルや、シアリスの成分であるタダラフィルがあります。

レビトラのジェネリックにはバリフ、シアリスのジェネリックではタダリスが有名ですが、いったい どのED治療薬が一番いいのか悩んだことはありませんか?

当店はバイアグラ専門店であり、バイアグラを一押しでお勧めしています。値段が安いからだけではありません。バイアグラをお勧めするのは、それなりの理由があるからです。

3つのED治療薬の違いを知り、比較することで、それぞれの長所や短所が理解できるでしょう。 そして、自分に合ったED治療薬を選択する指標になるでしょう。

医学的な比較

下表は3つの成分のED治療薬を医学的に比較したものです。 バイアグラはバイアグラと同じ成分ですので、説明中文のバイアグラとしてご覧ください。

  バイアグラ
(シルデナフィル)
レビトラ
(バルデナフィル)
シアリス
(タダラフィル)
Tmax (h)1 (0.5〜1.5)0.8 (0.7〜0.9)3 (0.5〜4.0)
T1/2 (h)3〜43.2〜5.314〜15
生物学的利用率(%)401536
PDE12817030000〜
PDE53.5〜8.50.1〜0.70.94〜6.4
PDE6-rod373.512
PDE6-cone340.613
PDE92610581100000〜
PDE11273016237

Tmax 最高血中濃度到達時間

Tmaxは薬を服用してから血中濃度が最大値になるまでの最高血中濃度到達時間のことです。この値を見れば即効性のある薬かどうか、性行為の何分前に飲めば良いのかが分かります。この表からバルデナフィル【レビトラ】が一番早く最高血中濃度に達します。つまり、効果発現時間が一番早いことがわかります。 シアリスの0.5〜4時間という数値は、他の2剤よりも時間がかかることがあるということが分かります。よって、かなり早めの服用が無難であるというとになります。

T1/2 血中濃度半減期

T1/2は血中濃度が最大値の半分以下になる血中濃度半減期(消失半減期)の時間です。 表からシルデナフィル【バイアグラ】は半減期(T1/2)が早めなため持続時間が他の2剤よりも短くタダラフィル【シアリス】が長時間作用するということがわかります。

生物学的利用率

生物学的利用率とは、バイオアベイラビリティーともいい、摂取した薬剤の有効成分が体全体に吸収される割合です。 血管から直接注入する静脈注射の生物学的利用率が100%です。 表を見るとバルデナフィル【レビトラ】が一番、率が低いのですが、後に説明している「PDE5」の阻害作用が少量でも強いため他の2剤に引けを取らない効き目なのでしょう。 一方、シルデナフィル【バイアグラ】は生物学的利用率40%と一番効率が良いので薬効の有効率も上がります。 PDE5阻害能力が他に比べて少し劣る感があるりますが、上記の表の数値でも十分に効果があるので根強い人気がります。

PDE1

PDE1は脳、心臓、骨格筋、肝臓、血管、筋肉、内臓筋に発現するPDEですから、これを阻害する効果の一番高いバルデナフィル【レビトラ】 、続いてシルデナフィル【バイアグラ】は「顔のほてり」「目の充血」「動悸」「頭痛」などの副作用が強く、タダラフィル【シアリス】は比較的軽いと言われる根拠となるデータ(裏付け)と言えるでしょう。

PDE5

PDE5はcGMP(環状グアノシン一リン酸)を壊す酵素で、ED治療薬のメインの酵素です。 勃起をする時に脳から神経を介してNO(一酸化窒素)が放出され局部の細胞内にcGMPという血管を拡張させる物質が増え、陰茎海綿体の平滑筋が緩むことで海綿体に血液が流れ込み勃起するのです。 そして勃起が萎える際にPDE5という酵素が放出されcGMPを壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。 上の表でいくとPDE5阻害作用が最も強いのはバルデナフィル【レビトラ】であることがおわかりいただけます(但し、生物学的利用率が低いので総合的な勃起力の強さではありません)。

PDE6

PDE6は主に網膜にある酵素です。 眼球内に入った光が奥の網膜に集まり、そこから光の信号が視神経、脳へと伝わることで人は眼が見えています。 この脳への伝達に関わる酵素がPDE6です。 シルデナフィル【バイアグラ】とバルデナフィル【レビトラ】はPDE6阻害作用があるので眩しく見えたり、青白く見えたりという視界による副作用がタダラフィル【シアリス】よりあるという明確な根拠となります。

PDE9

PDE9は人では脳、脾臓、小腸などに発現が認められています。 特にネズミやリスなどには脳の局在が解析されており、PDE9は脳の全領域にて発現することが解明されています。 バルデナフィル【レビトラ】が一番ですが、さほど阻害作用は強くはありません。しかし3剤の中で一番阻害作用があるので、その分副作用に反映されやすいでしょう。

PDE11

PDE11は身体全体にある酵素で役割等の詳細は、まだ解明されていませんが、犬を用いた実験では精子の減少が報告されています。 表を見る限りタダラフィル【シアリス】がPDE11の阻害作用が強いのがわかります。これにより何かしらの副作用に繋がっていることは確かですが体全体にあり詳細の解明がなされていませんので因果関係を掴むことは現段階では難しいと言われています。

バイアグラがお勧めな理由

まず、Tmax(即効性)の比較を見るとレビトラが有利であり、バイアグラは若干遅い気がします。 しかし、バイアグラにはバイアグラジェリーやバイアグラチュアブルタブレットなどの、バイアグラとは飲み方が違い、即効性に優れた商品があります。 そのため、即効性でバイアグラがレビトラに劣る理由は無く、豊富な製品ラインナップから、逆に一番有利で優れていると言えるでしょう。

T1/2(半減期)の違いではシアリスが極端に長いのですが、レビトラとバイアグラは、ほとんど変わりません。 シアリスの長続きする効果は、バイアグラには真似できない特徴です。ロングプレイを必要とする特殊な人以外は、バイアグラの効果時間で十分満足いただけると思います。 長時間で何度も射精しても気持ち良くありません。 一度の射精で最高の快感を得るセックスの方が好まれます。

生物学的利用率の比較では、バイアグラが断トツの吸収率を誇ります。シアリスもバイアグラ同様な吸収率がありますが、それに比べレビトラは吸収率が極端に低い結果となります。 これは空腹時の服用を想定したデータですので、食後や脂っこい食事の後では吸収率が異なります。 バイアグラ系は吸収率が下がると効果が弱くなるので不利ですが、バイアグラには口内の粘膜で成分を吸収するバイアグラチュワブルタブレットがありますので、食事の影響を受けにくく、他のED治療薬に引けをとらないと言えるでしょう。

PDE1は主に副作用に関係する比較になります。レビトラ系は比較的副作用が強く出る傾向があり、続いてバイアグラ系になります。シアリスは比較的副作用も軽い製品です。バイアグラの副作用はバイアグラ同様強めですが、半減期を過ぎれば副作用もほとんど感じなくなります。

PDE5の比較が、目的である勃起に関する項目です。直接、勃起力を比較することはできませんが、バイアグラはPDE5を阻害するのに3.5〜3.8必要なのに対し、レビトラは0.1〜0.7と極端に少ない成分でPDE5を阻害できます。 レビトラは生物学的利用率(吸収率)が低いと説明しましたが、少ない吸収でも少量の成分でPDE5を阻害できるので、レビトラの勃起力も満足のいく効果が得られているのでしょう。

その他、PDE6、PDE9、PDE11と副作用に関する比較では、バイアグラとレビトラは同等なのに対し、シアリスは若干異なる特性があるようです。

総合判定

これらのデータを総合的に比較してみて、どのタイプのED治療薬が一番適しているかを考えます。

第三位:レビトラ

食事の影響を受けにくい長所はありますが、効果時間はバイアグラより少し長いだけ。即効性もバイアグラチュアブルでカバーできます。それに対し、副作用が強い傾向にあるので、レビトラを選ぶメリットは感じられません。

第二位:シアリス

効果が長時間続くメリットが最大の理由です。効果が長いので空腹時に飲んでおけば良いこともあり、使い方が簡単です。副作用も弱い傾向にありますが、PDE11など解明されていない酵素を阻害する性質があり、動物実験では変化が認められている事から、注意が必要です。

第一位:バイアグラ(バイアグラ)

効果の持続時間は4〜6時間あり、普通にセックスするには十分な時間の効果が持続します。 即効性がやや劣る部分と、食事の影響を受けやすい面がありますが、これはバイアグラチュアブルタブレットであればクリアできる問題です。 バイアグラはジェネリックですので価格も安く、品質も高い製品です。

正規品のバイアグラ等は偽造品が出回っておりますので、 国内営業の業者が安心してお取引できます。

バイアグラシリーズ

SIDE MENU

お届け予定について

多くの代行店がご注文確定後、1週間〜14日後でお届けできるようです。配達期間は税関・郵便事情に左右されるため、配達期間を保証するものではありませんが目安になるでしょう。

お支払いについて

「銀行振込」または「クレジットカード」などの前払いを基本とする代行店が多いです。